羊飼いたちの休日

全力で家を建てるブログ

ディテール:ドミノフローリング

ほんまもん

 玄関とリビングにはドミノタイプのフローリングを採用した.アルブルインクが輸入しているDEESAWATというラインナップだ.社長曰く「これはね,ほんまもんのチーク.ほんまもんの」ということなので,これはきっと本物のチークに違いない.

 

f:id:mashow:20150802115850j:plain

リビング部分

 

硬い

 材はチークなのでかなり硬い.そしてきわめて丈夫そうだ.リビングはソファなので特に問題ないのだが座布団なしで座るとすこし痛いくらいの硬さだ.なので,ダイニングなどには採用しなくて正解だった.というか,そこは半ば減額神(過去記事リンク)の強制力によってコルクタイルになったようなところもあるのだが.

 

f:id:mashow:20150805130104j:plain

 

LOOSEとFIX

 LOOSEとFIXという二種類のうち,LOOSEのオイル塗装タイプを選んだ.小さな無垢の木片が並べられた状態で裏からネットで接着されて一枚のタイルになっている.それをさらに並べて床にする仕様.LOOSEタイプは表面にコンマ数ミリのずれがあり,全体としても並べると1mmほど目地がずれる場合がある.そこを好ましい味ととるか望ましくないズレととるかで人によって評価が変わる床材かもしれない.

 

黄色い

 また新品の状態では黄色味がかなり強い.これは当初からのコンセプトであった「経年変化でより美しくなる家(過去記事リンク)」という観点から,最初は黄色くても構わないと思っていた.チークは一般的に経年変化で濃褐色へと変化していくので,我が家の黄色い床がこれからどうなっていくか楽しみだ.

 

f:id:mashow:20150802123037j:plain

玄関部分.実際には,ここまで黄色くは無……と思ったが後ほどiPhone 5Sで確認したら現物に近い黄色さだった*1

 

値段

 随時輸入する材とのことで,時期や施工面積で価格が変わるらしい.うちの場合は平米あたり一万円台前半だったと思う.一般的にフローリングは注文住宅であっても五千円から一万円くらいでなんとかしたいところだと思う.そういった意味ではドミノは高めのフローリング材になるかもしれない.ただし,凝ったつくりなのでそんなもんか.それにだってほら,「ほんまもんのチーク」だしさ.

 

 ほな,さいなら.

 

 

 僕は関西出身なので,毎回「ほな,さいなら」でブログを終えるという「まっしょう+ちきりん=ますりん」もしくは「ちきりん+まっしょう=ちきしょう」というまがい物キャラの設定でいこうかと思ったこともあるが,なんとなく本家に申し訳ないような気がしたのでやめることにした.いうまでもなく本家とは,毎回最後に「そんじゃーね」と書いて終わる「Chikirinの日記」のことである.

*1:モニターのキャリブレーションが必要だ