読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊飼いたちの休日

全力で家を建てるブログ

ディテール:モローズの木製サッシのこと

大げさな話 建材 内装 web内覧会 ディテール

 もしこの家に魅力というものがあるのだとすれば,その何割かはモローズ製の木製サッシによって担保されているといっても過言ではない.強くかつやわらかいその存在感のおかげで,我が家は不思議な魅力を放っている.

 

 

f:id:mashow:20150524134138j:plain

(c) mashow

 

 

 

 モローズという会社は,諸橋さんという方が経営している木製サッシ製作会社だ.モロハシだからモローズなのだろう.打ち合わせも現場納入も諸橋さんが一人でやってきて作業をするので,もしかすると業務全体も彼一人でまかなっているのかもしれない.

 

 さて,今日はひたすらその話をしたい.諸橋さんの作る木製サッシは素晴らしいのだ.

 

 最初に,モローズ製にかぎらず木製サッシというもの自体がそもそも素晴らしいということを言っておこう.まず見た目の温かみが良い.実際の断熱性能も高い.アルミなどの金属サッシなどと比較すると断熱性能は文字通り桁違いだ.ただそんな木製サッシの中でも,モローズによって組み上げられた木製サッシはひときわ素晴らしい.

 

f:id:mashow:20150707115739j:plain

 (c) mashow

 

 

 着工に始まり基礎ができ上棟し屋根や壁がついて内装が仕上げられ最終的に竣工まで,施主の気持ちが高ぶるタイミングというのは何度もあった.そのひとつが,木製サッシが現場に運び込まれた時だ.どちらかというと辛抱強いところがあるほうだと自分では思っているのだが,悩んだ末に選んだ色に塗られたサッシが実際に運ばれてくるのを目の当たりにして,わくわく感のあまり待ちきれないような思いがあふれた. 

 

 まだ断熱材も入っていないようなむき出しで作りかけの壁にそっと立てかけられたそのサッシは,まだ梱包材にくるまれたままだった.大工さんが目を光らせている日中はその中がどうなっているのかを除き見ることができなかった.けれどもけっきょく我慢できずに夜になってからこっそり現場に忍び込み,プチプチの梱包材を丁寧にがしてからヘッドライトの明かりを頼りにしてその仕上がりを確認した.

 

 なぜサッシにここまで心が動かされるのか,自分でもよく分からなかった.ただ,いますぐ見ないわけにはいかないような気分になって,わざわざ夜になってから家からやってきたのだった.

 

 

  そこで見たものは,美しかった.LEDの明かりにぼうっと照らされたそれは不思議な魅力を放っていた.本当の木目をすこし覆い隠すかのように厚く塗られたセミグロスの指定色が,木材の持つ生まれながらの素性のよさをどことなく思わせぶりなしぐさで隠しているかのようにも見えた.

 f:id:mashow:20150709033242j:plain

 

 

 

 それからしばらくして,サッシが実際に立て付けられた.構造材がむき出しのままの荒々しい壁面に取り付けられたモローズのサッシは,どこか浮くように輝いて見えた.家の躯体がまったく未完成であったのに対して,それはあまりにもすっとしていていたからだろうか.

 

 初めて太陽の光の下でみたそれは,暗闇でなかば覗き見たときとは異なった色に見えた.やがて日が翳り,あたりが薄暗くなると,また違った色彩を見せた.僕は半ば混乱しながら,現場を出て帰路に着いた.家に帰りついてからも,あのサッシが光と影の具合でいろいろな色彩を示すことについてしばらくぼんやりと考えていたのだった.

 

 

 

 

 とうに竣工を終えたいま,この家のいたるところに取り付けられているモローズのサッシを見ると,どこかほっとするような気分になる.当時の自分の頭を占拠していた期待と戸惑いと不安が入り混じったようなあの感情が,こうして目の前にすっかり落ち着いて収まっている光景がそうさせるのかもしれない.

 

f:id:mashow:20150707112411j:plain

日陰はブラウンに見えるが日が当たると,塗装に混ぜた特色のせいかシルバーグレーの要素が強くなる不思議な色.(c) mashow

 

 

 

--------------------------------

<塗装について>

 家全体の木目らしい木目をある程度コントロールするという意識*1から,我が家のサッシはミディアムグレージュといっていいような色に塗られている.ライトブラウンにかなり強いグレーを混ぜたような色*2だ.

 この色に塗られたサッシは,注視すればウッドのマチエールははっきり確認できるが,なんとなく見ただけではそれが木材でできていることがわかりにくいような按配になっている.光の当たり具合によってはほとんどそれが木であることが分からないこともある.実際に,我が家を訪れた人の中で僕が説明する前にサッシが木材でできていることに気がついた人は一人しかいない.

 形や太さとしてはかなりマッシブとも言えるこのサッシだが,控えめな木の風合いと色合いの地味さによって,結果的にちょうどよいくらいの存在感となって家全体の空間の強度を柔らかく強化してくれている.

*1:この点についてはこちらをご覧ください

http://holidayforpans.hatenablog.com/entry/2014/06/02/220144 

*2:仕上げ表では「シルバー+ミディアムブラウンの1:1調色」とある.プラネットカラー・ウッドコートE15-40Bの近似色らしい