羊飼いたちの休日

全力で家を建てるブログ

プラン

ディテール:タンポポマット

(c) mashow ○○が似合う家 家を建てようと思ってすぐのころ「○○が似合う家」というお題について考えていた.結論をまずいうと,その○○にあてはまるモノは……「あれ」だ.「あれ」というのは,だれしもがどこかで一度は見たことがあるような,とくに変哲のないマッ…

町屋,長屋そして我が家

採用案について書くよ これは,あんなことやこんなことも考えたが結局こうなったという記事である.どうなったか? まず結論からいうと,こうなった. 一階 二階 三階 え? シンプルで地味.ただの四角い家に見える.けれども,この家の生い立ちはもうすこし…

トム・ジョビンと地鎮祭――三十代の苦しさについて

■ブラジル一の作曲家と建築 ブラジルで一番有名な作曲家といえばジョビンだ.名前を全て書くとAntônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobimとなる.とりあえず,名前がとても長い. 長いのは名前だけではない.彼の作曲リストも同じだ.というわけで,信じら…

フローリングをめぐる冒険

僕は木が好きだ. 中学生の頃からベースギターを弾いていたので,楽器に良く使われる材――アルダーやメイプル,アッシュなど――には,当時から興味を持って接してきた.家具も好きだ.だから,ウォルナットやマホガニー,チーク,オークなどの家具に良く使われ…

土地に寄り添う

建築家は,打ち合わせの中でいくつかのコンセプトを僕たちに提示した.それらの案の中に,面白いものが沢山あったのは事実だ.だが時としてそれは,素人の僕の目にはいささかコンセプチュアルに過ぎると写ることもあった. まあそうだとしても,それらの案は…

いかにして広いリビングのことを諦めたのか

とにかく,広いリビングのある家に住んでみたかった. とにかく,40畳くらいの馬鹿でかい空間を家の中心に置いて暮らしてみたかった. 広くて天井の高いリビングにグランドピアノを置いて,薪ストーブを焚いて,アイランドキッチンを囲みながらみんなで料理…

大きな愛

今のプランに決まるまで,沢山の案が建築家によって提示された.それぞれにまったく違う内容でいながら,極めて均衡したレベルで拮抗するようなプランが複数提示された.どれかひとつには決めがたい. こうした設計プラン群というものは,同じ土地という母体…

魔法の言葉

今の時代に家を建てるに当たって,インターネット検索をしないというひとはほとんどいないだろう.それにもかかわらず,それなりに検索を使いこなしているようなひとであってもなかなか思うような情報に行き当たらないもどかしさを覚えているものではないだ…

どんな家にする?

「何十年かしてから,『あーこの家はやっぱりカッコいいな』と思える家を建てたいよね」と妻は言った. 時を経てもカッコいい家.そのためには,何が必要なのであろうか. 時間が経ってからも良いと思えるものを作るには,すくなくともどこかで「それなりの…